独身時代にアパートで独り暮らしをした

ホーム / Uncategorized / 独身時代にアパートで独り暮らしをした

独身時代、2年ほど一人暮らしをしたことがあります。当時私は20代半ばだったのですが、それまでずっと実家暮らしだったため一人暮らしへの憧れがありました。

社会人になり3年ほど経ちある程度収入も出てきた頃、自分の給料から家賃が十分払えるくらいになったので(実家暮らしのときも家賃程度のお金を家に入れていました)、アパートを借りて一人暮らしすることを決めました。出会い系サイト

ちょうどその頃彼氏(今の旦那)がいたので、彼氏とゆっくり会えるようになるかなという気持ちもありましたが…(笑)。アパートを探すにあたって、最初はアパート情報の冊子をコンビニで購入しました。そしていくつか目ぼしい物件をチェックし、その物件を取り扱っている不動産屋さんに行きました。

そして実際にいくつか部屋を見てみたのですが、アパート情報誌では本当に間取りしかわかりませんが、実際に見てみないとわからないなーと思いました。建物の新しい・古いはもちろんですが、実際の内装やお風呂・キッチンなどのユニット関係、それ以外にも周囲の環境などなど…。

なるべくあちこち見たほうが目も肥えてくるだろうなと感じました。実際に私が入居を決めたアパートの不動産は、内覧は一人で自由に行けるスタイルのところで(その不動産屋に行って空き部屋の情報を見て、気になった物件があったら鍵を貸してもらえる)、不動産屋の担当がいちいち付き添わないというのも気楽に行けてとても良かったです。

最終的に女性専用のアパートに決めました。外観はコンクリート打ちっぱなしでお洒落、中も広々としていました。

何より築浅で綺麗だったのが入居を決めた理由です。オーナーさんが1階に住んでいて、とても優しい人でたまに畑で作った野菜をくれたりと、とても住み心地が良かったです。

結局転職を機に収入がダウンし実家に戻ることになりましたが、少しでも一人暮らしができて楽しかったなと思います。