古民家のような中古一戸建てに、体験移住する若者

ホーム / Uncategorized / 古民家のような中古一戸建てに、体験移住する若者

最近、テレビ番組で、田舎に住んでみよう!というものがあります。地方にすんでいるものにとって、テレビは作っていると感じています。

実際、古民家のような中古の一戸建てに、相撲と思っても、すぐに入れるものではありません。大家さんが、かなりのメンテナンスをすると思いますが、実際に暮らすにしても、現代の暮らしを捨てようと思わないと、無理だと思います。

実際、地方でも、そのような古民家の空き家対策が進まず、壊すべきか、何かに活用できないのか、行政でも困っている状態です。

空き家をきれいにすることで、移住してくれるのなら、とてもありがたい話だと思います。

古い家の生活は、映画などを見て、憧れる方が多いです。野良猫よけ

おばあちゃんの家に住む感覚は、とても落ち着きます。古い家は、現代的な住宅と違い、風土に合わせた作りになっていて、住み心地が良く、掃除しやすい工夫や、換気しやすいようにできています。
そんな古民家に、自分が住むことを見込んで、実際に古民家に住んでいる所に、短期的に移住することができます。

そこで、古民家に住む知恵やメンテナンスの仕方を学んで、古民家を購入する若者がいらっしゃいます。

自然が多い土地で、大きく家を使う生活は、アパートでの暮らしと比べると、魅力的なのだと思います。

画家・作家のアトリエとして、別荘のように活用する方も多く、古民家のシェアも多くなってきています。数人で暮らすことで、メンテナンスも、力を合わせてできるので、困難なことがあっても、乗り越えていけるところも、好まれる理由の一つです。

季節によって、家を改善していくことが必要ですが、数人掛かりで作業すれば、イベントになってしまいます。

古民家に移住する若者たちは、古いものを斬新なものとしてとらえ、それを活用する力を持っていると感じます。これからも、このようなスタイルは、多くなっていくのではないかと思われます。