予算がないなりのマイホームの決め手

3年前にリノベーション済の中古マンションを購入しました。

当時の購入価格からいくと破格の安さで購入をしたのですが、そもそも予算が税込で1500万で条件が高かったため2件しか該当する物件がなかったのです。

都心に住みたいという願望があり、福岡市内中央区で駅から徒歩5分以内中古マンションでリノベーション済もしくはリノベーションの費用込というあり得ない条件でした。

そこからの2件という事だったので、購入する気満々で下見にいきました。子供のの背が伸びない

そしてどちらにしようかなの勢いでそのうちの1件に手付金を払って、契約を結んだのです。決め手は管理組合がしっかりしているという所でした。

その時は勢いというのもあったのですが、後々考えると選択肢が少なくて良かったと思っています。

知り合いのマイホーム購入までのプロセスだと、予算はあるものの住宅展示場やいいなと思った物件をたくさん見すぎたあげくどんな家を購入したいのかがわからなくなり結局3年もマイホームを買っていない人や、注文住宅でもありがちなのが土地を買ったはいいけどこういう家を建てたいという理想と現実のギャップに妥協点が見いだせずに家が建たないなど即決で決めて良かった点も多いです。

一生に一度というプレッシャーはあるものの、ある程度の条件を満たしているのであれば即決すべきですし、当たり前の話ですが好条件の物件であれば、すぐに売れてしまいます。

そういった意味では自分に場合、2件しかないうちの1件を選ぶという状況がかえっていい方向に結び付いたのです。

予算があるに越したことはありませんが、選択肢も増えるのでそういった場合は「こういう立地や家に住みたい」という理想や信念をきちんと持っておかなければいけません。

プレッシャーもありますが、楽しみながらマイホームを探してみると結果良い方向に結び付くと思います。