仲良しのママさんが引っ越しました

ホーム / Uncategorized / 仲良しのママさんが引っ越しました

私の家の下の階に住んでいた仲良しのママさん一家が、先日引っ越してしまいました。子供の誕生日も5日違いで、発達段階も近かったので、よく公園などで一瞬遊んでいたので、正直結構寂しいです。

しかも、同じ子持ちということで、足音や泣き声などの騒音にもお互い寛大になれたので、とてもいい関係でした。

正直うちのアパートは立地がいいため家賃が割高なので、下のママさん一家は、二人目の妊娠を機に、郊外にマンションを購入したとのことでした。

マンションというと大きな買い物ですが、月々の支払いはうちのアパートの家賃より安いと聞いて、少し勉強になりました。妊活中の食べ物

月々の支払いも安くなって、将来的には自分の資産となると考えると、そんなに大きすぎる買い物でもないのかな、と考えるようになりました。マンションは一戸建てと違って土地代がかからないのも、かなり大きなポイントですよね。

ただ、この辺りは家賃が高いだけあって、小金持ちの家庭が多く、お金に余裕がある分、あまりママ友問題や御近所問題がないので、家賃の下がる郊外にいって、人間関係はどうなるかな、と心配していました。

更に今は徒歩と公共交通機関をつかって大概どこへでも行けますが、これからは車中心の生活になるということで、ガソリン代等の不安もあるそうです。私たち家族としては、下の階にどんな人が新しく住むことになるのか、少しドキドキしています。

あまり神経質な方がくると、ドタドタ走り回るうちの息子を迷惑に感じられるかも知れませんし、夜泣きを気にされるかも知れません。ワガママだとは思いつつも、優しい方が引っ越して来るといいな、と考えています。

それか、子連れで、また一緒に遊べるお友達が引っ越してきてくるといいなと思います。最近はあまり引越しの挨拶等をする家庭も少なく、アパートの外で会うまでどんな人が住んでいるのかわからないことが多いので、少し心配です。

そのためやはり戸建てのマイホームには憧れます。

競売で不動産を安く購入することができると聞きましたので、いま「空き家スイッチの不動産競売」をみて勉強中です。